美味ストーリー

れいかの新鮮かつ美味しい月餅と中華まんは上海の有名な老舗「光明村」と「北万新」からの発祥です。

光明村

70年代に設立。上海では、大行列のできる老舗です。手作りの肉月餅は、両面をこんがりと焼き上げます。何層にもなったパリパリの香ばしい皮が特徴的で、甘さと塩加減が絶妙なたっぷりの肉餡を包み込んであります。一口食べるとジューシーな肉汁があふれ出し、パリパリの皮との抜群の相性で毎日でも食べても飽きません。

北万新

90年もの歴史のある実力ある点心専門の老舗です。中でも中華まんは一番有名で伝統的な上海風の味付けは、醤油を使用しません。ふっくらと軽やかな生地で、しっかりとした弾力のあるたっぷりの肉餡を包み込んでいます。一口食べるとジューシーな肉汁があふれ出します。

野菜まんも人気の一品です。たっぷりの野菜としいたけ、豆腐も入っており、それらを包み込んだ野菜まんは、さっぱりとした後味で、食欲をそそる中華まんです。

総料理長

朱漢毅は上海菓子家師(中国各有名菓子作りコンテスト特別招待審査員)に教わり、30年の中華風デザート制作経験を持ち、高級技師(菓子作りの最高レベル)です。上海及び准揚菓子作りが得意です。1987年に優れている料理腕で5000人の中から選ばれ、上海の有名な瑞金ホテルに採用、中華風デザート部に勤めて、その後、西郊ホテルに移籍、中華風デザート部のシェフを担当していました。多くの政府の重要人物を招いて、中国業界内の有名な中華風デザート大師です。

点心

主食

ネット記事
上海小籠包その美味しさを化学する!